ムダ毛処理による色素沈着

ムダ毛の処理を自分でする人は多いと思います。市販されているムダ毛処理用のカミソリや、除毛クリームで簡単に出来ますよね。もしくは、毛抜きで一本一本ムダ毛を抜いていく方法があります。

 

しかし、あまりカミソリを使ったムダ毛処理をしていると、色素沈着を起こしてしまうことがあります。なぜ色素沈着になってしまうのでしょうか?それをお伝えしたいと思います。

 

ムダ毛を処理するためにカミソリや毛抜きで抜いた場合、肌がダメージを受けてしまいます。そのダメージが同じ場所で繰り返されてしまうと、刺激されて色素沈着の原因であるメラニンが反応します。そして、ダメージを受けた部分にメラニンが集中してしまうため、色素沈着を起こし、黒く肌が変色してしまうのです。

 

このムダ毛処理による色素沈着を治すためには、無理なムダ毛処理を止めることです。

 

しかし、そんなに簡単にムダ毛処理を止めることは出来ませんよね?その場合は、ピーリング効果のある石鹸やジェルを使い、肌のターンオーバーを促しましょう。メラニンを含む古い角質を落とすことで、色素沈着を薄くすることが出来るのです。

 

ムダ毛の処理をするときは、その後の影響を考慮して処理をするようにしましょう。そもそもそうならないようにと考えるならミュゼなど人気脱毛サロン店舗(参照/脱毛 鹿児島)の門をたたいてみるのが良いでしょう。